2003年11月

2003/11/2(Sun)
ヒマかも・・・・。

結局チョコは我慢できず、コンビニでフランとトッポを
買ってしまいました(笑)しかももうなくなりました。
一気食いっす(怖)

昨日の昼過ぎ、だんきちは車のガソリンいれるついでに
パチンコ行きました。いつまでたっても帰ってこない。
3時過ぎに出て帰ってきたのは7時半過ぎ?いいかげん
むかついたので夕飯作らせました(鬼)でもおみやげに
チョコを持って帰ってくれたので、許しました(単純)
ま、年になんども行くわけじゃないし、自分のこづかいの
範囲でやってるんだしね。でもやっぱりむかつくけど。

昨日、やっと冬物の衣替えをしました。

今日はちょっと家事はお休みします。だんきちは仕事です。
思いついたことをつらつら書きました。

・・・ヒマ人きわまりなし。すーとあそぼー。

2003/11/4(Tue)
毎年恒例。

世間の連休明け、4日にだんきちが休みだったので、
しいたにとっての毎年恒例行事、紅葉を見に
ドライブに行ってきました。紅葉と言ってもイチョウ。
大好きな大銀杏があるのですよ。何年か前までは
女友達と行くのが定番で、毎年「来年は彼氏とデート
でこなきゃねぇ・・・」と笑っていました。
結婚前の何年かは毎年違う人とデートしてたなぁ(爆)。
(といっても彼氏といえる程の相手ではなかったが)

だんきちと初めて行ったのが2年前。「これからはずっと
この人と見に来るんだろうなぁ」と漠然と思ったもんです。
去年はおなかの中にいたすーも連れて。今年はもちろん
家族3人で。展開が早過ぎと内心笑いつつ、ちょっと感動。

来年はお弁当でも作って行きますかね〜。

2003/11/9(Sun)
結婚式のちょっといい話

昨日は、テニス仲間のYちゃんの結婚式でした。
もともと超美人の彼女。どんな旦那様でどんな花嫁姿なのか
すんごく楽しみにしてましたが、想像以上の美しさにうっとり。
旦那様も想像してたよりいい人そうで(どういうこっちゃ)
ホントによかったです。幸せをわけてもらえたような気持ちに
なりました。

その結婚式はとある教会で行われたのですが、牧師さんから
結婚する二人へのお祝いとしてお話がありました。絵本の
お話をされたのですが、それがとっても感動でした。

赤ちゃんを抱いたお母さんが赤ちゃんに向かって子守唄を
歌うのだそうです。「私はあなたを永遠に愛していますよ。
あなたは永遠に私の赤ちゃんよ」というような唄を。
で、次のページにはやんちゃ盛りの男の子を相手に
「こんなはずじゃなかった」と落胆するお母さん。けど
子供が寝てるときにまたその子守唄を歌うのです。
ちょっとずつ子供が大きくなってそのたびに「こんなはずじゃ
なかった」と思いつつやっぱり寝顔を見るとその子守唄を
歌うお母さん。

その後年老いて余命が短くなったお母さんは寂しさのあまり(?)
結婚して独立した息子を呼び寄せるのですが、今度は息子が
お母さんに同じ子守唄を歌うの。「あなたは永遠に私のお母さん」
と。で、お母さんを残して、我が家に帰った息子が、今度は
自分の娘に向かって同じ子守唄を歌う。

・・・とかいつまんで言えばこんなお話だったのですが、
育児真っ最中のしいたにはこのお話、号泣ものでした(T_T)
本屋に買いに行こうと本気で思いました。牧師さんは、
「あなたがたの幸せは、あなた方のご両親がこれまで愛し
育ててくれたからこそ。あなた方もいつか同じように家族が
増えたらそうやって愛を受け継いでいってください」ということが
言いたかったのでしょう。

今まで教会式でこんなに感動したことはなかったかも・・・。
素敵な結婚式に参加させてくれて、Yちゃん、ありがとう。
末永く、お幸せに〜。

2003/11/15(Sat)
ありがたいけど;

うちの実家では最近畑でいろんなものを作っている。
じゃがいも・さつまいも・たまねぎあたりはいくら
あっても平気だから喜んでいただいていたんだけど。
最近じゃ、レタスだのほうれん草だの高菜だのと
葉っぱもんがおおいのです。あたしゃ虫が苦手なんです。
虫食いだらけの葉っぱ類を大量にくれるんです・・・。
虫が食うほどおいしいっていうじゃないっすか。だから
虫食ってるのはまぁいいんです。

でもでもね。もれなくついてくるんですよ・・・・

ちいさい「しゃくとり虫(っていうのか?)」が・・(T_T)

あたしゃクモの次ぐらいにちっこい虫が嫌いなんですよ。
せいぜい2・3匹くらいしかいないんだけど、出てくるたびに
「ひぃぃぃ〜〜〜〜(>_<)//」となるんですよ。
正直、実家に帰るたびに「あぁまた葉っぱくれるのかなぁ・・・」
と少々憂鬱だったりして(なんて罰当たりな)

そんでもって今回は葉っぱ類とともになぜか「スペアリブ」を
おすそ分けしてくれたんですよ。んな高価なもの恐れ多いっ!
ありがたやありがたや・・・と思ったけど、そんなん使った
料理なんてしたことないよ。手間のかかることはやなんだよ。
・・・これ、どうすりゃいいのさ?

しょうがないから、ネットでレシピ検索中です(T_T)
紅茶煮だのコーラ煮だのが簡単そうかしらん(爆)でも
コーラ買いに行くも面倒(おいおい)

「くれるなら下ごしらえしてから頂戴ね♪」と正直いいたく
なります(爆)でも食費助かるんだもんね。んなこといったら
罰が当たるさね。

・・・「ありがたいと思わなくっちゃ♪」(渡る世間は鬼ばかり風)
(泣泣)

2003/11/19(Wed)
初ママ友?

毎晩のようにワールドカップバレーばっかり見てるんで
今日はつまんないっす。でも今広島に選手がいるのよね〜。
街に出るわけじゃないくせになんとなくわくわく♪

さて、今日は以前公園でちょぴっとだけお話したご近所の
ママさんのところにお茶に誘われて行って来ました(しかも
1回しか会ったことない;)なんつーか、純粋に「ママ友」
っていうお付き合いが今まで全然なくて、かなり緊張(>_<)。
うちの周りは新築住宅ばかりの新しい団地なので、お家も
ピカピカ、綺麗にしていらっしゃいまするな・・・(ため息)

一緒にお茶したママさんたちの子供は二人とも男の子。
しかも2歳と1歳ですっかり歩きまわれるので、すーは一緒に
遊ぶっつー感じにはなりませんでした(^_^;)

しかし、お茶の間の話題にもなったんだけど、ママさん同士で
お互いの名前って聞かないものなんですね〜。「○○ちゃんの
ママ」とか「△△さん(苗字)」で呼ぶからなんだけども、
不思議な感じ。話題になったわりに結局お互い言わないし
聞かなかったし(笑)必要ないといえばそれまでなんだけど、
今までは「友達」というと「自分と相手」の付き合いだった
から、ちょっとだけ違和感があった。まぁ、まだ「友達」って
いうわけじゃないから当たり前だけど。

一緒にお茶するっていうのは、つまり「子供を一緒に
遊ばせましょ」っていう意味なのかなぁ?だとしたらお茶しつつ
何を話していいのやら・・・あまり家庭内のことを聞くのも
嫌な人もいるしなぁ。まぁ、育児の話をすればいいんだろうけど。

今まで結構「広く深く」なお付き合いが多かったので、
深入りしすぎないお付き合いって難しいです。職場の中で
「お客様」と接するのともまた違うし。それが嫌っていう
ことでは決してなくて、ただ単に慣れなくて戸惑っている
しいたであった・・・。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO